スパイシーカレー焼きそば
海藻うどん
からあげ
ハラミ
previous arrow
next arrow
Slider

特集

2018宮津市民イチ押しの店BEST10

こんぴらうどん

とり天うどん
とり天うどん
こんぴらうどん店主
こんぴらうどん店主
外観
外観
東西の味を融合させた讃岐うどん

トロみのある出汁に熱々の大きなとり天。
麺を持ち上げるとトロ~リと絡む鰹が効いた出汁の香りが辺りを立ち込める。
そしてサクサクのとり天を頬張ると香ばしい香り。そうこれは揚げている最中に鳥天にゴマ油をかけることで生まれるらしい。「おぉ~これはやられた 美味すぎる」讃岐の麺、関西のうどん出汁、関東のそば出汁「私が目指すのは地域の融合だ!」うどん屋30年の大将は言う。お店には常時20種類以上の出汁材料。
「うどんづくりに完成はない!」

取材日:2018.秋

磯のかおり
磯のかおりさん

豚珍館とんちんかん

スパイシーカレー焼きそば
スパイシーカレー焼きそば
カレー焼きそば(つゆだく)
カレー焼きそば(つゆだく)
外観
外観
路地裏にある中国料理の名店

営業日の朝7時からスープの仕込みでスタートされている路地裏にある中国料理の名店。
カレー焼きそば(つゆだく)はカレースープの中に野菜の旨味が非常に感じられ、女性にも人気なメニューである。
一方のスパイシーカレー焼きそばは焼豚の旨味とスパイシーな“とろみ”を感じられる逸品である。
取材日:2018.秋

082
082さん

手打ちうどん どんどんや

海藻うどん
海藻うどん
とり天とじ丼
とり天とじ丼
外観
外観
真っ黒なうどんの訳は・・・

「海藻うどん」は、アカモク・わかめ・とろろ昆布がのった手打ちうどん。
“だし”と海藻から出た風味が口の中でいつまでも広がります。
「とり天とじ丼」はとろとろ卵とサックサクの鳥天が合わさった大満足の逸品。
天婦羅にこだわられているご主人の“想い”が感じられます。
また、器にもこだわりがあり、陶芸家島村先生の作品で、魚をモチーフにした温かみがある器となっています。
両手で軽く持てる程の重さで、女性の方にも優しい心配りがあります。
取材日:2018.秋

海辺no雄山
海辺no雄山さん

Dining&Bar Azito       あじと

お刺身のランチ
お刺身のランチ
店内
店内
外観
外観
その日の「旬」のごちそうが食べられる店

潮風香る市街地のど真ん中に位置するダイニングバー。宮津の寿司屋で腕を磨いた経験のあるオーナーは宮津の魚を熟知している。そんなオーナーが毎朝目を利かせて仕入れる宮津の魚は鮮度が抜群だ。
和洋中のメニューを常に提供していることから、「地魚」を刺身やフライなど、その日の「旬」を美味しく料理してくれる。そんなAzitoは私たちを毎日ワクワクさせてくれる。
取材日:2018.秋

磯のかおり
磯のかおりさん

和~なごみ~

からあげ
からあげ
酒
外観
外観
から揚げ好き必見!

からあげの特徴は何と言っても味とボリューム。非常に食べ応えがある。
また、衣に肉の旨味が染み込み、口の中でいつまでも広がる。
創業当時から変わらぬ美味しさで、お店の他、地域イベントなどにも出品されている。
ご主人のモット―は地産地消。
醤油や野菜は地元食材を使用され、お魚は近くの漁港でご主人自らが買い付けをされている。
その他、季節に合わせた地酒を豊富にラインナップされており、秋・冬などは特にオススメ。
取材日:2018.秋

海辺no雄山
海辺no雄山さん

精養軒せいようけん

Aランチ
Aランチ
日替わりランチ
日替わりランチ
店内
店内
大正時代以来続く本格欧風料理

大正時代以来続く本格欧風料理の老舗で、仕込みの味は創業以来変わっていない。
ベースとなるソースやマヨネーズは手作り。
Aランチは宮津のソウルフードと言っても過言ではない“カニサラダ”や“タマゴサラダ”の他に、お店自慢のデミグラスソースが味わえる。
日替ランチはバラエティー豊富で、お客様を飽きさせない工夫が施されている。
取材日:2018.秋

082
082さん

鯛工房

握り寿司
握り寿司
店内
店内
外観
外観
地場の「幸」を知り尽くした料理人の店

「丹後の旬、そして地元の魚を感じてもらいたい!」地域密着型の割烹居酒屋。
その中でも、その日にとれた魚を使った旬にぎり寿司はまさに地域の「旬の味」を感じる事ができる絶品だ。
丹後の豊かな海でとれる魚は季節をとおして様々な味を届けてくれる。そう語る大将は宮津出身で地場の「幸」を知り尽くした料理人。
絶妙に炊き上げられた丹後米、長年の経験からつくられるシャリが「旬の味」を引き立ててくれる。
取材日:2018.秋

磯のかおり
磯のかおりさん

HAMAKAZE cafe

ブイヤベースラーメン
ブイヤベースラーメン
店内
店内
外観
外観
ブイヤベースラーメンとは!?

海の京都「宮津」ならではのメニューがここにある。それは地元府立海洋高校とコラボをしたブイヤベースラーメンだ!
新鮮な地魚の「あら」を惜しみなく使った出汁がベースとなり、ラーメンを色鮮やかに彩った旬の地元魚介具材から染み出る旨みが相まって奥深い濃厚な風味を醸し出す。
そんな宮津地域の魅力が濃縮された出汁に我々の胃袋を摑まれること間違いなしだ!
取材日:2018.秋

豆
豆さん

お食事処 糸仲

野菜炒め定食
野菜炒め定食
店内
店内
外観
外観
代々宮津の胃袋を支えつづけている大衆食堂

暖簾をくぐれば「ほっ」としたアットホームな雰囲気、親しみのある料理の香りが私たちを出迎えてくれる。ここは代々宮津の胃袋を支えつづけている大衆食堂で山海の幸が豊富な宮津ならではの「味」を堪能させてくれる。
そのなかでも地元野菜をふんだんに使った「野菜炒め定食」はみんなを虜にしてくれる。秘伝の和風出汁醤油で炒められた新鮮な地野菜は素材の旨味が絶妙に引き出され、ご飯がすすむ絶品メニューだ。
取材日:2018.秋

豆
豆さん

焼肉 丸善 宮津店

ハラミ
ハラミ
店内
店内
外観
外観
味噌だれ派が多数?2種類のタレでハラミを食べ比べ!

大阪市内の焼肉店の様に、品数豊富なメニューを宮津でも実現したいという想いからお店を営まれている。メニューは多岐に渡り、ヘレやロース等はA5ランクのお肉を扱われている。常に新鮮なお肉を提供し、“都会に劣らない味を提供したい”がご主人のモット-である。
ハラミは口の中でほどける柔らかさで、噛むほどに旨味を感じられる。
つけダレは醤油と味噌があり、特に味噌ダレは口に入れた瞬間、数えきれない程の風味を感じる事が出来る。地元で愛されるお店というのも納得。

取材日:2018.秋

082
082さん
この特集で紹介している店舗は、宮津市在住、又は在勤の方を対象にアンケートを実施し、投票数の多かった10店舗を特集として掲載しています。
< お問い合わせ >
宮グルメぐる

【事務局:宮津商工会議所 0772-22-5131】